青汁を美味しく飲もう

健康飲料の一角をなした青汁

青汁というと、どうしてもマズーイというキャッチフレーズが思い出されてなりません。

 

それほど八名信夫のインパクトが強すぎたのか、今ではすっかり健康飲料の一つとして定着した観があり、多くの企業も参入し、味の方も改良を加えられて後味がよくなっているといいます。

 

やはり、医食同源、健康志向や、忙しいときの大雑把な食事でも、青汁を飲む事で野菜を採ったという安心感のようなものあるのでしょう。

 

若い時期であれば暴飲暴食、偏食が多少あっても無理もきくでしょうが、ある程度の年齢になると、身体的にも無茶はできなくなってきます。

 

まして、家族を持つようになると自身の体でありながらも自分だけの身体ではない、という相応の責任というものがあり、やはり健康や体には気を使わなければなりません。

 

特に検診でチェックを受けたりしたらなおさらです。

 

普段、ミキサーでスムージーを作っていますが、生ジュースのようなもので日持ちがしないのが難点であり、都合の良い野菜が無いときもあります。
そのために、予備に青汁のペトボトルは数本ストックしておきます。
最近では粉末タイプの青汁も登場したようで、これなら外出先でも飲む事ができるし、長期保存は可能でしょう。

 

ただ、試飲した漢字では後味に粉末観があったのが気になり、手を出すか出すまいか思案中でもあります。

 

本来ならば生野菜なり、温野菜を採るのが良いのでしょうが、忙しい時にでも簡単に野菜の栄養が補給できる青汁のメリットは大きいといえます。
青汁は健康飲料の一角として、これからも残ってゆく商品であるといえるでしょう。


うまい青汁の選び方

青汁と言ってもたくさんの種類があります。
青汁を選ぶ時の参考になるよう、選ぶポイントをお話しします。

 

まず第一に飲みやすさです。
入っている原材料の違いや配合によって味はかなり違いがあります。

 

毎日飲む物なので続けられるようにおいしいと感じられる青汁にしたいですね。

 

見た目では分からないので、お試しパックや試供品で試してから自分でおいしいと思う物を購入すると良いでしょう。

 

購入前にこのサイトを参考にするとわかりやすいと思います。
おいしい青汁ランキング!飲みやすさで選ぶならこちら

 

 

次に気になるのが値段です。1箱何本入りかを確認し、1本当たりの値段をネットやドラッグストアなどで調べておくと良いでしょう。
また、1本当たりの値段に加えて定期購入ができ、さらに割引があるようですとお得です。

 

長く続けて飲むようになると思いますので1本当たりの値段も大事ですね。

 

また他には、CMで見るような大手のメーカーからネットでしか販売していないメーカーなどいろいろあります。

 

どこのメーカーがいいとは言えませんが、原料がどこで作られているのか、どう作られているのかなど知っておくと良いかと思います。
青汁は薬ではないので健康食品とどうなのか確認しましょう。


更新履歴